格闘ゲームとキャリア

ストリートファイターVの攻略を基本に書いています。気に入った記事には星やブクマ貰えると嬉しいです。

【キャラクター紹介】ケン(必殺技編)


f:id:Yuri-gorimusou:20190421184231j:image

 

前回はケンの通常技、特殊技についての解説でしたが、今回は必殺技編になります。

ケンは胴着キャラクターでもあり、シンプルですが強力な必殺技が揃っています。それでは確認していきましょう。

 

ケンの必殺技

波動拳(236p)


f:id:Yuri-gorimusou:20190421190144j:image

発生:ノーマル14f、EX12f

硬直:ノーマル49f、EX45f

威力:ノーマル60、EX90

 

⇒飛び道具である波動拳

他の胴着キャラクターと比べると硬直やダウン性能の面で一段落ちてしまう。その代わり弾速が非常に遅く、対空の前進距離も長いことから垂直での弾避けを許さない。弾撃ち主体で立ち回れるほどの性能は無いが、相手を動かすだけの性能はある。

弾を撃ちながら相手の置き技を制限して、本命の前ステップや飛びを通していこう。

 

昇竜拳(623p)


f:id:Yuri-gorimusou:20190421184703j:image

発生:弱3f、中4f、強4f、EX4f

威力:弱110、中130、強140、EX160

 

⇒コンボや対空、無敵技での切り返しなど様々な用途で使うケンの主力必殺技。

ケン使いとして上手くなるためには、この技を使いこなす必要がある。

 

また他の胴着キャラクターの昇竜拳と異なる点がいくつかある。

①中昇竜の威力が130(リュウ豪鬼は120)

②強昇竜の前進距離が多い

③中昇竜対空の後、両受け身に対して起き攻め可能

④EX昇竜拳から起き攻め可能

 

中昇竜対空の後に起き攻めが出来る上に、なおかつ威力も130。つまり対空リターンがとても高いということになる。

また無敵技であるEX昇竜の後にも起き攻めがついてくるため、積極的に使ってもリスクリターンが合う。相手にEX昇竜拳をケアさせた立ち回りを強いることで、なるべく被起き攻め時のダメージを減らすことが出来る。

 

・竜巻扇風脚(214k)


f:id:Yuri-gorimusou:20190422182935j:image

発生:弱3f、中6f、強14f、EX8f

威力:弱50、中80、強140、EX160

 

⇒運び性能ピカイチの竜巻扇風脚。

特にEX竜巻は弱攻撃や中kタゲコン、中足確認から繋げられて、一気にラインを上げることが出来る。

また強竜巻は顎撥二連や立中pからコンボになり、ヒット後は前ステップ屈弱p→立弱p連キャンで両対応起き攻めも可能。

運び、起き攻めの両方が高い水準に備わっている技と言える。

 

・空中竜巻扇風脚


f:id:Yuri-gorimusou:20190422183917j:image


f:id:Yuri-gorimusou:20190422183935j:image

威力:ノーマル80、EX70

 

⇒空中軌道変化技。

ノーマル版はしゃがみにヒットし、めくり性能もついている。低めでヒットさせればコンボにいけるため通常技対空のキャラクターにはタイミングをズラす目的で使用しよう。また昇竜対空キャラクターに対しても昇竜拳をスカすことが出来る。

またEX版は軌道がキャミィのキャノンストライクのような急降下技になる。こちらも通常技対空を潰すように打つとよい。当てた後は追撃も可能だ。

 

 

ケンの特徴まとめ

①最速の前ステップやVスキルダッシュ、速い歩き速度からの強襲

②屈強p、中昇竜対空などの各種対空からのリターンが高い

③後ろ投げの運び性能がトップクラス

強竜巻、EX竜巻の運び性能が高い

⑤ヒット確認可能な中足による後ろ歩き抑制

⑥無敵技からの起き攻め

 

⇒対空のリターンは全キャラクター中屈指の高さを持つ。

特に中昇竜は、威力が130の上に起き攻め付きは破格の性能。また屈強pからの表裏、後ろ投げ択も強力で、ケンを相手に安易に飛ぶこと自体が負けに繋がると言っても過言ではない。

 

また後ろ投げや竜巻扇風機脚の運び性能が高く、何か技を引っ掻け時の画面端に相手を持っていく力が非常に強い。

画面端はコンボ火力が伸びる上に、真上に強い対空を持つことから画面端の期待値も良い。積極的に前に出て、相手を画面端に追いやるのがケンというキャラクターの真骨頂と言えるだろう。


f:id:Yuri-gorimusou:20190422190039j:image

 

 

今回のキャラクター紹介ケン編は以上になります。

次回のキャラクターは未定ですが、今回のように通常技編と必殺技編に分けて書いていこうかと思います。

それではまた次回をお楽しみに!